女性

ネズミ駆除をして安心できる暮らしを取り戻す【ねずみ根絶大作戦】

人間に与える影響

作業員

直接噛まれて発生する病気

ネズミは、電線の破損や食品の汚染を行なうと思っている人も多くいます。しかし、ネズミは、時に人を襲うということを忘れてはいけません。特にドブネズミはネズミの中でも凶暴な性格を持っています。人に噛みつく可能性もあるので注意が必要です。ネズミに噛まれることによって、感染症にかかってしまう可能性があります。ネズミによる感染症の1つが鼠咬症と呼ばれるもので、噛まれてから数日から2週間後に症状が出てきます。頭痛や発熱、腫れ等を発生させ、合併症になると死に至る可能性もあるので注意が必要です。他には、アナフィラキシーショックも引き起こされる可能性があります。これは、蜂に刺された時などにも発生するものですが、ネズミに噛まれた時のアレルギー反応によって発症します。呼吸困難や失神などがその症状です。たかがネズミと思うのではなく、ネズミの怖さをしって、早めにネズミ駆除に踏み切るのことが大切です。

感染して発生する病気

ネズミ駆除をした場合、駆除が終わったからと言って安心している人もいます。しかし、ネズミ駆除をした後も、ネズミの糞等から感染症が発生する可能性もあるので注意が必要です。また、ネズミに寄生しているダニやノミから感染して人間に被害を及ぼす場合もあります。ツツガムシ病や刺咬症もその1つでしょう。ネズミ駆除をし、ネズミが居なくなったからと安心するのではなく、しっかりと消毒まで行なっておくことが大切なのです。ネズミ駆除後の消毒は、業者に依頼すれば徹底的に行なってくれます。